似非紳士の暇潰し

アクセスカウンタ

zoom RSS キャラグミン『逸見エリカ』『西住まほ』をつくるB

<<   作成日時 : 2018/02/11 22:01  

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

はい、みなさんこんにちは。
まほエリ製作記第三回、



というわけで今回は顔の製作から。

いうても、工程数自体はさほど多くはありません。

画像


このデカールを顔パーツに貼り付けてから、
色々メイクしてあげるだけです。
あぁ。カラーレジンって素晴らしい・・・。

エリカの場合、表情パーツが2種類ありまして、
それぞれのデカールが、予備含めて2セットずつ、
計4セット付属しております。しくじっても安心ですね。

正直なところ、エリカはもっと悪い顔してるのが
似合うので、通常顔と微笑み顔というチョイスは
微妙なんですが、まぁエリカの立体物自体少ない
ですからねぇ・・・。そもそも立体化されてない
キャラも多いので、贅沢は敵です。

んで、無事デカールを貼り終えましたら、

画像


こいつらを駆使して、ちょっと肌に色を
足してあげます。
やったかやらんか分からんくらいの薄化粧にするか、
しっかりばっちりメリハリつけてやるかはお好みで。
画像は完成してからのお楽しみってことで、次。

こうした組み立てフィギュアってのは、台座が付属
していないことが多いので、自作してやらねばなりません。

プラやアクリル、木製の台座と足裏に穴を空けて、
軸打ちしてやるのが一般的なやり方なんですが、
今回はちょっと変わったことをやってみようと思います。

まず、用意した台座がこちら。

画像


東急ハンズで買ってきました、軟鉄丸棒です。
・・・・棒なんですね、板じゃなくて。
素朴な疑問なんですが、板と棒の境界線って
どこにあるんですかね?

ガルパンといえば戦車、戦車といえば鉄、
という発想からのチョイスでして、質実剛健な
黒森峰に相応しい無骨さではないかと。

で、こんなもんに穴なんか空けられませんので、

画像


足裏に穴を空けてネオジム磁石を仕込みます。
片足立ちとか動きの多いポーズでは、やや
心許ないですが、仕込みナシでも自立する
エリカとまほなら、これでも充分安定します。

画像


こんなことも朝飯前です。
忍者かオマエは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キャラグミン『逸見エリカ』『西住まほ』をつくるB 似非紳士の暇潰し/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる