豊平峡ダムへいってきました

休日、快晴、無風。

となれば自転車です。

紅葉の季節にはやや早いかもでしたが、
こんな好条件滅多にないぜ、というわけで、
定山渓に行ってみることにしました。

距離は千歳に行くよりは近いのですが、
目的地は基本的には山。

それでもまぁ、なんとかなるべ~ってな感じで
愛車を走らせます。

画像


いや、なんともいい天気です。市街地を抜ければ
路肩も広くてたいそう走りやすいではないですか。

快調に自転車を走らせていきますと

画像


定山渓まであと4kmの青看板。
いや、案ずるより産むが易しといいますか、
なんか拍子抜けするくらいあっさりと

画像


定山渓温泉、到着でございます。

画像


うむ、やはり紅葉の季節にはやや早かったようであります。
でもまぁ、こんな好条件滅多にないわけですから、
これはこれで良しとしましょう。

さて、あっさり到着したことで、余力充分。
となれば、もうすこし遠くまで行ってみたく
なるってもんで、

画像


豊平峡ダムまで足を伸ばすことにします。
まぁ、なんとかなるだろう。

ここまでの道程とはうって変わって、しかしながら
足を着くほどでもない坂をヒィヒィいいながら
登ることしばし。

画像


到着~!

なお、一般車両の乗り入れは禁止されているため、
2kmほど手前の駐車場から、電気バスもしくは
徒歩での移動となります。

画像


たいそうな迫力ですな。

さてダム湖(定山湖)の方に目をやりますと、

画像


点検作業用と思われますが、
一体誰がこんなおっそろしい階段を
使用するのか、ちょっと鳥肌モンです。

豊平峡ダムは、アーチ式コンクリートダムと
呼ばれる形態のもので、湾曲した形状と、
両端の強固な岩盤によって水圧に耐える構造に
なっている、だそうです。

当然、岩盤の強度を見誤ると決壊します。
フランスのマルパッセダムの決壊事故が
有名なんだそうで、この事故の後、岩盤工学や
ダムの設計に必要な構造力学が飛躍的に進歩
したんだそうです。

で、更に脱線して豆知識。

政令指定都市に高さ100mを超える多目的ダムが
2つもある都市は札幌市が唯一である。
(wikipediaより)

だそうです。40年住んでますが、
知らないことってあるもんですねぇ。

さて、腹が減ったんで昼飯です。

画像


名物ダムカレーです。
ご飯をダムの堤体に見立てているんですね。
なお、ルウの粘度が高いので、提体を崩しても
容易に決壊はしてくれません。

ちょっと野暮用があったので、資料館見学は
諦めて帰途についたのですが、せっかくなんで
駐車場まで歩いて戻ることにしました。

道程の大半はトンネルなんですが、

画像


これはこれでちょっと面白い写真かも。

あと、今回は一眼レフとは別に、
RICOHのGRを久し振りに持ち出して
撮影してみたんですが、

画像


画像


ハイコントラスト白黒とか縦横比1:1とか使うと
無駄にアートっぽくなります。今更ながら
面白いカメラです。

というわけで、楽しい一日になりましたとさ。


おまけ

画像


足湯で一休み。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2017年10月03日 09:20
こんにちは、
頑張りますね、札幌側からだと緩い上り坂の連続になるのでしょうか? 豊平峡は少しきついのかなぁ? 小樽から道道1号線ですと大変ですょ、お疲れ様でした。
2017年10月03日 21:48
Yoshiさんこんばんは
はい、今回は230号線をひたすら上り続けました。
ゆるい上りと少しの下りで、程よい負荷が楽しかったです。
温泉街からダム方面は少々きつくなりますが、まぁなんとか。
道道1号線をGoogleマップとスマホのアプリで調べてみましたが、なんかちょっと信じられないくらいの傾斜が表示されました。
実際に走るとどれほどのものなのか気になりす。

この記事へのトラックバック