テーマ:読書

読書をしよう

仕事の帰りなどに書店に寄り道をし、ちょっと興味を そそられると、読む時間の捻出など二の次にとりあえず 買ってしまうという悪癖をお持ちの方は、決して 少なくないかと思います。 私もその一人なのですが、そんな悪癖を放置しておくと この有様になるわけです。 いわゆる『積ん読』というやつです。 奇しくも最下段、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矢矧が好きすぎて

艦これがこの世に出る遥か前から、 どういうわけか私は軽巡洋艦矢矧が 大好きなのであります。 数度に亘っての繰り返しで述べることに なりますが、矢矧以前の軽巡洋艦とは 一線を画する近代的な美しいシルエットが タイヘン魅力的なのであります。 同型艦の阿賀野や能代や酒匂じゃアカンのかと 問われると少々困るのですが、なん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宇宙戦争1945

キタァァァァァァ━━━(゚∀゚)━━━! 横山信義『宇宙戦争』シリーズ最新刊にして 最終巻、ついに来ました! “加藤戦闘隊と空の魔王ルーデル 奇跡の共闘!” まぁ、事はそう簡単には運ばないのですが。 前回は、ルソン島奪還作戦が成功し、意気軒昂な ところへ、宇宙の彼方から、なにかとんでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙戦争1943

『宇宙戦争1941』待望の続編、 『宇宙戦争1943』を買ってきました! ※前回の記事はこちら うん、やっぱり表紙は大和じゃないとね。 でも帯で艦橋しかみえませんね、この写真だと。 前巻では、火星人の襲来に対し、地球連合軍が 暫定的に発足するところまで。 今回は、とりあえず日米の連合軍で、 反攻作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラ・トラ・トラ!

今日は、大日本帝国海軍が、 ハワイ・オアフ島、真珠湾を奇襲してから ちょうど70年となる日です。 で、こちらの本。 昭和16年12月8日。 真珠湾は、日本軍の奇襲の以前に、 何者かの手によって壊滅していた! 『宇宙戦争』というタイトルから分かるとおり、 真珠湾をはじめ、ベルリン、ロンドンなどが、 火…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書の時間

開始当初は毎日更新していた当ブログ。 気づけば10日近く放ったらかし。 毎日毎日、よく書くこと見つけてきたもんだな~ と、当時の自分に感心しちゃいますね。 今回は、本の紹介など。 七尾与史 『死亡フラグが立ちました!』 『ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件』 以上2冊。 まずは『死亡~』の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がっかり

思わずタイトル買いしておきながら、 長いこと放ったらかしになっていた本を、 先日ようやく読み終わりました。 火坂雅志『業政駈ける』 歴史教科書的な意味においては、すっげぇ地味、 っていうか記述がなくても教科書として成立するレベルの 人なんですが、帯に書いてある通りの活躍をした 名将・長野業政を描いた小説です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

zero

ここ数日、風邪をひいて体調の 悪い日が続いていました。 まだ、のどの辺りに不快感が残っています。 どうやら、風呂上りに読書に熱中していたのが原因のようです。 読み始めるとなかなか止まらなくなり、結局夜中の2時まで かけて、一冊読みきってしまいました。 続きはまた明日、というのができない質なのです。 ちなみに、読んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more